Mazda RX-8(Lightning Yellow) OWNER's Weblog.

KeiM**'s Zoom-Zoom

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

ギャランフォルティス ラリーアート試乗記

http://www.carview.co.jp/road_impression/2008/mitsubishi_lancer_ralliart/

気になっていた掲題車を試乗して参りました。
スバルレガシィB4、マツダアテンザ、VW GOLFあたりをご検討の方は
是非、お試しになられることをお勧めします。その位印象が良かったです。

後は、箇条書き形式で、端的に。

試乗コース:混雑した市街地、
適度に流れている(交通量多め)半自動車道化している環状道路

◎TC-SST+4B11エンジン
ノーマルモードかつ市街地走行ですと、
所謂トルコンATとの違いを感じることは無く、
すこぶる出来が良いです。
上り勾配での発進+極低速走行というMTだと
嫌なシーンも、アクセルを軽く開けるだけで済みます。

環状道路で、営業さんの勧めもあり、スポーツモードを試しましたが、
最大トルク帯(2500-4000回転)を積極的に使う設定で、二面性は
すごいですね。圧倒されます。ブレーキで速度を落とすと、
自動ブリッピングして、シフトダウンし、最大トルク帯をキープするので、
ワインディングに持ち込んだら、アドレナリン等々、なんか出て行っちゃう
と推測されます。

購入するならそこら辺を試して、納得して買いたいですね。

市街地で常用すると思われる、0-2000回転と2000-4000回転の
吹け上がりとトルク感が極端なので、アクセル操作が難しい
印象を受けました。これは慣れの問題ですかね。
とても個性的であり、慣れたら楽しいと思われます。

○エクステリア+インテリア
個人的に、これまでの三菱車のカタチとトレンドをミックスした
バランスの良い外観と思っています。インテリアも好みです。
内外装とも、アルファちっくなのは事実と思われますが、
本家アルファも好みですのでありです(笑

デチューン版とはいえ、走行性能に関わる各部品は、
ランエボX用に開発されたものですし、バーゲンプライスかと。

市街地での乗り心地は、アテンザ25Zよりも、当りは柔らかい
印象ですが、ボディ剛性+足回りから来ると思われる、
引き締まった印象は、同様の方向かと思われます。

最後に、お付き合いいただきました営業さんに感謝を。
こんなに引き止められたのは、初めてかも。
楽しい時間を過ごさせていただき、改めて感謝を。
誰か買う人を紹介できればいいんですが。
スポンサーサイト
  1. 2008年07月26日 17:35 |
  2. 試乗記
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。