Mazda RX-8(Lightning Yellow) OWNER's Weblog.

KeiM**'s Zoom-Zoom

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

タイヤ生産国の調べ方

タイヤネタ第二弾。
タイヤ生産国、生産時期の調べ方です。
生産国は、タイヤ内側にmade in~と書いてあることがありますが、一度装着してしまうと、DIYで整備するヒト以外、内側を覗く機会は無いので、外側に書いてある情報だけで判る調べ方。

1. DOTコードをチェックする。(デジカメ等でタイヤ全体を撮影しておく)
1-1.(参考)セリアルナンバー(DOTコード)| タイヤ、ホイールの専門店 クラフト
2. コードの暗号を解読する(笑)
2-1.(参考)タイヤ生産工場コード

http://www.tire-information-world.com/dot-location.html
http://www.harriger.com/tires.htm
updated(2014/12/20)

上記から2Set目のMI PP2、3Set目のMI PS3の生産国と製造時期を調べると、PP2は、ミシュランオカモト(日本)製、2007年20週製造。PS3は、Groupe MichelinSiam(タイ)製、2010年43週製造となります。

PP2は、MICHELIN設計、日本で製造というある意味最強の組み合わせで作られ、それでいてコストパフォーマンスは最高だったと言えると思います。PS3のタイ製は別にかまわない(事前に予想は付いていた)ので、別に良いのですが、生産設備(量)のコストなのか知りませんが、同じタイ製の17インチ以下のタイヤは、PP2レベルの単価なのに、18インチだけPS2レベルの単価になるのが理解できない。ということで、17インチ以下の方は、MI PS3相当おすすめです!
スポンサーサイト
  1. 2011年05月03日 18:55 |
  2. メンテナンスメモ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。