Mazda RX-8(Lightning Yellow) OWNER's Weblog.

KeiM**'s Zoom-Zoom

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

マツダ デミオ 13-SKYACTIVに試乗してみた

http://www.demio.mazda.co.jp/

2011年マツダ技報にて、公開中のSKYACTIV関連技術を読んでいたら、興味が尽きなくなりまして、掲題、試乗して参りました。興味をもっていたテーマに対し、思ったことをだらだら書いていきたいと思いま!

【試乗情報】
・MAZDA DEMIO 13-SKYACTIV
・一部アップダウンもある、市街地数キロを走行
・タイヤは、横浜ゴム製専用タイヤ。

◯バッテリマネジメントシステム
回生ブレーキ制御は、市街地走行において、ぶっちゃけ全く判りませんでした。
そして、アイドリングストップシステムであるi-stopは、第二世代のシステムに進化。第一世代の車を試乗をしたことが無いので比較はできないですが、相当自然にstopし、賢くrestartされます。これはなるべくエンジンが停止する時間が最大化するように、運転するようになる気がしますというか、所有したらやると思いますw

◯SKYACTIV-G(1.3)+CVT
一番気になる燃費について、約200km弱程度走行された担当営業さんのお話によると、市街地走行で、10・15モード値30km/lの約60%程度(18km/l)はでているとのこと。適当な値かと思います。
私的に一番気になっていた走行感ですが、アクセルにリニアに走れるというよりも、車任せに燃費走行をする感覚が強いですね。これは、絶賛されているVW Polo TSI HiLine(7DSG)に試乗した際も感じたので、最近の燃費型小型車はこういうものなのかもしれません。
いわゆる人馬一体的な走行を望むのであれば、今後登場するであろう、SKYACTIV-G(2L)+SKYACTIV-DRIVEの出来を待った方が良いと思いました。上述のとおり、VW POLOでも、車任せ感が強かったので、そういうマイノリティには、MT以外に選択肢が無いのかもしれません。

全体的には、ボディ下回りの剛性感がしっかりしており、乗り心地は良く、また、車重が軽いこともあり、ブレーキも良く効き、フィーリングも剛性感のあるもので好感が持てます。そして、動力性能は、市街地走行では必要十分なものでした。小型車を検討されている方は、是非試乗されてみることをおすすめします。個人的には、リニューアルされたフロントデザイン(エクステリア)が、自然で、中型車並の存在感があり、良いデザインだと思いました。

まとまりがありませんが、試乗記はとりあえずこんなところで。
お付き合いいただいた、私の担当営業さんに感謝を。今後のAll Nu SKYACTIV車を楽しみにしておきます。
スポンサーサイト
  1. 2011年07月09日 22:37 |
  2. 試乗記
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。