Mazda RX-8(Lightning Yellow) OWNER's Weblog.

KeiM**'s Zoom-Zoom

ビブ党改宗。翼を授かる。タイヤ交換 (4Set目) | 97788km

20141103a.jpg

MI PS3交換から36515km走行。一番内側のグルーブの溝残が性能劣化分岐点残り溝3mmを切り、来年春の車検を考慮すると心許無いかつ、未だ未確定要素はあるものの次期戦闘機導入へのカウントダウン(ラストラン)でタイヤに遠慮した走りをするのも勿体無いので最期まで気持ちよく走り続けるために、また新規パーツ交換による新鮮な気持ちでの前向きなドライブのためにタイヤ交換に踏み切りました。

選んだ銘柄は GOODYEAR REVSPEC RS-02。約6.5年のビブ党から改宗することとなり、翼を授かりました。約3.5年ぶりの日本製タイヤへ復帰。DOTコードより住友ゴム工業(日本)製。2014年36週(2014年9月1日~7日)製造。

タイヤ交換に関する費用は、矢東タイヤさんのキャンペーン適用もあり、アライメント測定含んで、PS3比48.6%。PP2比68.48%とかなりリーズナブルとなりました。

タイヤ交換後、80km/h上限縛りで首都高を104.6km走ったファーストインプレッションを書いておきます。一番外側のブロックはあまり接地していないレベルですので500kmくらい走った後にまた感覚を書いておきたいなと思っております。

MIPS3.jpg
MI 2 GY
GYRS02.jpg

◯アライメント測定結果は測定スタッフさん曰く驚く程きちんと正常値内に揃っており、約2年前のアライメント実施より良い状態を保っている様です。またタイヤ交換後の直進性も交換前後で全く変わっていません。
◯ビブソファー(個人的に勝手に命名のミシュランタイヤ独特の乗り心地)は確実に存在しますね。タイヤ交換直後からそれが無くなりました(笑
◯路面の状態(変化)を確実に伝えてくるフィーリング(MI PP2時と同じ感)
◯乗り心地、静粛性に特別な変化は感じない。よってMI PS3の劣化しない感はすごいのではないかとか。
◯路面への吸い付き感はMI PP2/PS3比でかなり強め。感覚的には標準装着のBS POTENZA RE040寄りだが、BS POTENZAのベッタベタ感とはまた違う。

20141104b.jpg

とりあえずこんなところでしょうか。シューズを新調したのでまた走っていきますよ。
スポンサーサイト
  1. 2014年11月03日 17:00 |
  2. メンテナンスノート
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する