Mazda RX-8(Lightning Yellow) OWNER's Weblog.

KeiM**'s Zoom-Zoom

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

【GY RS-02】GOODYEAR REVSPEC RS-02インプレッション

翼を授かってから900km走行を超えましたので、そろそろ履き替えたシューズの印象をまとめておきたいと思います。(この後何かしら特記事項があったらまた書きます。)

GOODYEAR REVSPEC RS-02
225/45R18 91W

【総括】
コストパフォーマンスがべらぼうに良いので、溝残4-5mmくらいまで体感できる程の性能劣化が無い限り(今回そこまで行けるかは不明)、極めて満足度の高い選択だと思います。

【特徴】
◎ 乗り心地が良い
3.5年履いていた末期のMI PS3比であからさまに乗り心地が向上(特に突き上げショックの軽減)しました。継ぎ目段差が酷い首都高や路面状態のあまり良くない中央道走行でも非常に快適に走行でき、遠くに行きたくなる乗り心地です。

○ 直進性が良い
ハンドリングとの相対関係があるので、良い側から見ると微操舵に対してはクイックに動こうという感じではなく逆にだるいので、高速道走行には適していると思います。

○ 比較的ニュートラルステアよりのハンドリング
これまで履いてきたタイヤのポジショニング的には、操舵に対して勝手に曲がっていくBS RE040、ニュートラルステアのMI PS3、中立付近のあそびは感じるがニュートラルステア寄りのGY RS-02、ステア操作に対し少し遅れて付いてくる感じのMI PP2。こんな位置づけになるでしょうか。

旋回時の余裕度から言うと、BS RE040、MI PS3の持つその先感(さらにステアした時に車が曲がる余裕)は無いですね。但し、自身の走行ペースにおけるグリップは必要十分に感じられ、それ以上となるとタイヤが悲鳴をあげる前に車のDSCが介入してくるはずなのでまさしく必要十分だと思います。走行ペースがどれくらいかは是非一緒に走ってみてください(笑)

- 静粛性
現行最新世代のスポーツタイヤはコンフォート(乗り心地や静粛性)性能が極めて向上(走行性能との両立)している設計となっているのでそれに比べると静粛性において劣ると思いますが、一世代前の設計タイヤ(RE040,PP2と同じ世代)として考えるとスポーツタイヤ標準レベルであり路面状況によりロードノイズが増減する性格です。あからさまに五月蝿いタイヤでは無いと感じます。

○ レイン走行性能
ドライ時はもとより100km程度強弱の降雨のあった首都高を走行しましたが、なんら問題ない走行感。(但し、本来普通に実現できているべき項目であり、この項目でマイナスの特徴が感じられるタイヤはそもそもだめ(選んではいけない)だと思います。)

あと、フィーリングとして好みの分かれるタイヤケースのフィールですが、ステアを増していくときにタイヤが撓むフィールを感じられるので、所謂欧州系メーカータイヤと同系な気がします。見た目はそれほどラウンド感は無くBS/YH寄りにも見えるんですけどね。ちなみにふと同サイズのDUNLOP SP SPORT MAXXを履いていたRX-8が居たので観察してみたんですが、ケースの形は近い感じがしましたね。トレッドパターンは世代違いを感じました(笑)

最後に最初の方で述べているとおり、新しいタイヤの特権にも近い乗り心地の良さ向上を享受できているのでタイヤ交換に踏み切って良かったと思います。これまでも比較的前倒し気味に交換してきましたが、溝残3-4mmあたり(タイヤ性能劣化ポイント)になったら、もしくは性能劣化不満点が走行時に気になる事になったら、やはり交換に踏み切った方が良いと思いました。特にその車と付き合っていく後ろの時間が長いならばなおさらです。よって、「タイヤ選びの銘柄選択は慎重かつ交換の決断は大胆に」がおすすめとして締めたいと思います。長文読了感謝です。
スポンサーサイト
  1. 2014年11月27日 20:46 |
  2. メンテナンスノート
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。